近年増えてきている仮想通貨の副業の評判や危険性とは?

近年、主婦やサラリーマンなどの間で手軽に出来る副業として仮想通貨投資が人気です。スマホで投資をする人は増えていますが、仮想通貨だとビットコインなど多くの種類がありその数はざっと1,000種類以上あります。
名前は聞いていても仮想通貨とは何?と感じる人も少なくないですが、これは日本円などの法定通貨ではなく国や政府が発行し管理はしてません。例えばビットコインだとブロックチェーンの仕組みで法定通貨とは別の方法で価値を担保してます。

日本円やドルなどは経済や政策によってかなり影響を受けますが、ビットコインだと発行する上限数量も決まっていて金などと同じく希少性が高いです。

今では世界中の投資家・企業・保険・年金マネーを運用する業界でも投資を行っています。まだ課題が残ってますが将来は決算通貨として利用される時代がくるとも言われています。ちなみにlineの仮想通貨が2021年2月以降から高くなっていてかなり注目されてます。

仮想通貨の魅力は、例えばビットコインだと短期・長期でも値動きの幅が大きいので儲かるチャンスがあることです。2017年には1ビットコインが10万円だったのが、2021年の4月には600万円前後まで上がってます。
他の仮想通貨も今後は価格が上がっていく可能性があるものも少なくなく、それに今からせっせと投資を行い副業に繋げている人もいます。値動きが激しいので短期間で売買をして投資をしたいときにも向いてます。

魅力も大きいですが、勿論危険もあります。
まずハイリスクでハイリターンなこと・ハッキングの危険性があることです。
値動きの幅が大きいので稼げるチャンスはありますが、その分損失が出る金額も大きくなります。さらに問題なのが仮想通貨の取引所がハッカーに狙われやすいことで流出の危険もあり、取引所を選ぶときには信頼出来てセキュリティ面も優れているところを選ばないといけません。

どの取引所を選ぶかは口コミでの評判も大事で、色々確認しながら安心だと思えるところを選ぶことが大事です。
少しでも損失を防いでリスクを減らすには、まず少額から始めることでビットコインだと1枚が600万円もするので、一般の人だと買える人は少ないです。ただ、殆どの仮想通貨取引所では0.001の少額単位から買うことも出来るので、この金額なら少額で投資をしたい人でも気軽に始めやすいです。

仮想通貨だと色々な種類があり、どれも値動きの幅は大きいので出来れば一つだけでなくいくつか購入しておいて分散させて投資をしたほうがリスクも減らせます。中には積立投資もあるので、価格の変動のリスクを減らしつつ無理することなく投資も出来ます。